各企業へのご挨拶

どんな会社を起業するにしても、自分だけで事業を行うことは困難でしょう。

お客様だけでなく、仕事として関係していく会社が無ければほとんどの事業は成り立ちません。
どのような会社を起業するのか、また、所在地をどこにするのが決まったら、挨拶する事もとても大切です。

起業してしばらくの会社の成長過程では、最初は関係がないと思っていた会社であっても関わることがあるでしょう。
他にも、実店舗では周辺のご家庭や店舗にも挨拶をして、良好な関係を保つことが成長には欠かせないと思います。
個人でも、近所に引っ越してきたかたら挨拶がなければ不審に思うでしょう。
それは会社でも同じだと思います。

会社の場合、開業のご挨拶は、ハガキや、封筒が付いているカード、お手紙などと一緒に自社の電話番号や、所在地などを掲載したものなども一緒に合わせてご挨拶することが一般的でしょう。挨拶状は専門業者に依頼して作成してもらう事も可能です。

挨拶をするには自ら足を運びご挨拶する事も重要でしょう。
手紙だけがポストに入っているだけと、挨拶状を持って足を運んでくた際とでは印象は大きく異なるはずです。
何より、顔を覚えてもらえる可能性があることは今後の営業に良い影響を与えると思います。
丁寧な人だったなと良い印象を持ってもらえれば、その企業側が自分の作った会社も良い会社だという印象を受けやすくなります。

そうして、事業内容として取引が必要となったときに、思い出して連絡をしてくれる可能性もあることでしょう。

挨拶は人間関係を円滑にする重要な道具の一つで、それは会社同士の付き合いであっても同じように思います。
しっかりと丁寧に行う事が大切だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です